プロフィール

たわし

Author:たわし

わたしは革の服を着ることが大好きです。でもわたしは、革をファッションとして好きなだけではありません。革の服を見たり、着たりすることで性的に興奮してしまうのです。


QRコード
QR
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム


RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

このメールフォーム機能は公式のNGワードが強制的に設定されていますので、もしかしたらNGワードにかかって送信できないかもしれません。とくにURLを含むとNG判定される率が高いようです。
月別アーカイブ
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
革の服を着ると性的に興奮するわたしの日記
隠れてする自慰はイイ 2/2
 最近はPUレザーとか書いてますがつまりポリウレタン(Poliuretan)合成皮革のことです。塩化ビニールにしてもポウレタンにしても比較的短期間で劣化して分解してしまうのは21世紀の今でも変わりません。本革はたしかに一生持つんですが、合成皮革はそうはいきませんので保存がききません。高温多湿の環境に保管されているとますます早く劣化が進みます。昔の本革製品を手にいれることはできても合成皮革製品を手に入れられないのはそれが理由です。

 ところで最近の合成皮革はポリウレタンが主流みたいですが塩化ビニールの方が個性のある質感の高い合成皮革が多いようです。実は別フロアの方ですが合成皮革のボアジャケットと羊革のスカートを合わせて着ていたのがシンプルながらとてもいい感じでね。上下とも焦げ茶系で中は黒のカットソーに首回りにゴールドチェーンとシックですがそのジャケットが塩化ビニール系合成皮革でした。わたしが反応するくらいですから光沢素材の服の世界もなかなか奥が深いです。

 ちなみに人工皮革と合成皮革の違いは、何か時代ごとに説明が違うので定かではないんですが、80年代頃の説明では人工皮革は革繊維を人工的に模したもので、主にスウェード調のもの。合成皮革は基布に塩化ビニールやポリウレタンの塗膜を塗って革の見た目だけを模したもので主に銀つき革調のものだそうです。じゃクラリーノは?というと銀つき革調ですが人工皮革なんだそうで、なにやらクラレが勝手にそう言っているだけなんじゃとか思いますが。ちなみにいくら人工皮革を誇ってもクラリーノは表面にクラックが入ってとてもひどい劣化をします。本革の足下にもおよびません。また60~70年代まで遡ると人造革とか擬革、模造革、レザークロスなどという表現もあります。それらは本革を原料とせず樹脂などを用いて表革のような見た目を実現した素材一般を指して言っているようです。

 さて、先週に引き続いてこどもの頃の話です。
続きを読む
[2018/11/17 07:07] | 革、皮、レザー | トラックバック(0) | コメント(2) |
隠れてする自慰はイイ 1/2
 最近ようやく気温もおちついて庭のあさがお、"天上の蒼"の花が咲き乱れはじめました。それがまた天上の蒼で緑のカーテンとか考えたのはいいですが遮光をもっとも欲しい季節はまだあまり勢いがありません。それに一番手の一群は摘心の失敗と水不足で枯れてしまい、芽だしからやり直した2番手の一群が何とか育ちました。枯らさないようにするだけのことにこれだけ気を使ったのははじめてです。あさがおというのは夏の風物詩ですがこの品種は西洋朝顔で秋に最盛期を迎え、晩秋まで咲き続けます。花数も多く朝咲いて夕方まで咲きっぱなしという花もちの良さで人気の品種ですが、これだけ盛大に咲くとありがたみがありませんね。

 それにしても緑のカーテンというのは中にいる人にはよく見えないんです。これは外から見て楽しむもの、外の人の目を楽しませるためのものです。中の人の利益といったらまあ遮光になるというくらいですか。ふと思いましたがレザーウェアとかファッションも似たようなところがありますね。着る側の考えだけでなく、外から見る人の目を意識して着ているところとか。
続きを読む
[2018/11/10 07:27] | 革、皮、レザー | トラックバック(0) | コメント(9) |
ジェネレーションを越えて
latexpants.jpg ボランティアに入って思ったのは長靴といっても今は格好いいのが色々とあること。他のボランティアの装備に大きな影響を受けて帰ってきたんですが、これはこれでマズい傾向です。わたしのことですから集め始めたら長靴だらけになりそうですから。

 本当のところ、こういう格好でボランティアに入りたかったのですが、ラテックスのパンツはあまり丈夫そうではないのが難点です。それに猛烈に暑かったですから。大勢の方とお会いしましたが慣れた人ほど装備が決まっていて格好がいいんですね。不思議と。わたしも、いますこし凝った装備を考えなければなりません。わたしはカタチから入るタイプで、これは昔からです。たいていカタチだけで終わるんですけど。
続きを読む
[2018/11/03 07:05] | 革、皮、レザー | トラックバック(0) | コメント(7) |
How to レザーオナニー
Cumming-in-Leather-Leather-Xxx-Porn-Video.jpg 革コートを着たままイク動画です。「なんだ、あたしじゃん。」という方も多いかと思います。普通のオナニーのように見えるかも知れませんが、革フェチはレザーウェアを着たり見たり接触することで発情してオナニーをしたくなるわけです。それもレザーウェアなら何でもいいわけではなくて、その人ごとに違いますが反応する服の種類やデザイン、色や種類も決まっています。革のフェチである前に服のフェチなんですね。

 というわけで普通のオナニーなら性器への刺激で完了するのですが、革フェチのオナニーでは自分のツボにはまったレザーウェアを着用したうえで手淫をすることになります。動画の彼女の場合はたぶんダブルブレストの黒革の超ロングコートと革手袋がツボでしょう。それでは革のコートを着て革手袋をしたまま激しく股間を責め、愛液でヌルヌルになった革手袋を見せるセオリー通りの正統派革フェチ女性の痴態をご覧ください。
続きを読む
[2018/10/27 07:13] | 革、皮、レザー | トラックバック(0) | コメント(7) |
記憶とニオイ
 さて金木犀も咲き終わりつつありますが日本のこの時期は本来最高にいい季節です。運動会も10月開催が恒例でした。ヒマだからって5月の運動会は何か間違っていますし、そんな屁理屈で何十年も10月に運動会を続けてきた伝統を変える必然性はどこにもないはず。文化祭も10月、11月ならではです。そもそも5月の運動会って記憶に残るのでしょうか。5月は目には鮮明ですがニオイが無いでしょ。10月の運動会は金木犀のにおいで記憶に刻まれますが、5月には特有のにおいがありません。かおりとは、"記憶"そのものです。
続きを読む
[2018/10/20 07:53] | 革、皮、レザー | トラックバック(0) | コメント(5) |
| ホーム | 次のページ>>